基本は事前返済計画を立てる

返済額は毎月の収入や支出から決まる

借り入れをする前に、自分の収入と支出をきちんと確認してください。
自分の毎月の収支の中で、無理なく返せる範囲で借りましょう。

会社員Aさんの場合

Aさんはひと月手取り20万円の収入がある26歳の会社員(独身)です。

今月は地元の友人の結婚式があり、飛行機で帰省することになりました。
飛行機代、お祝い金などを含め約10万円必要になります。

消費者金融でお金を借りようと問い合わせをしたら、毎月1万円の返済だと1年かかることがわかりました。

そこで、自分の家計を見直してみました。


収入から生活費を引くと1万3千円残ります。

ここから返済額1万円を出すと、残りは3千円。

流動支出を調整できなければ、借り入れは危険です。

「返済早見表」のページ返済早見表を参照し、自分の返済計画を立てましょう。